計画を考えよう

>

良いスケジュールの考え方

必ず知っておくべき情報

スケジュール帖を用意して、締め切りをメモしておくといつでも確認できるので、仕事の予定を立てやすいです。
締め切りが近づいてもまだ仕事が残っていた場合は、ペースを速めてください。
逆に締め切りまで余裕があったら、ゆっくり作業を進めても良いでしょう。
常にスケジュール帖を見て、仕事の進み具合を考えてください。
複数の仕事を任せられることもあります。

その場合は、どの締め切りが何の仕事なのか分かるように、区別して記入してください。
混乱しないように色を変えたり、シールを使ったりすることをおすすめします。
たくさんの仕事があると、スケジュール帖に記入する量が多くなります。
見えにくくなる可能性があるので、分かりやすくメモすることを意識しましょう。

自分なりの締め切りを設定する

上司から言われた締め切りをスケジュール帖に書くのは良いですが、その日のギリギリ日仕事を終わらせるのはおすすめできません。
間違いが見つかった時に、修正できなくなります。
万が一修正する箇所が見つかっても良いように、早めの締め切りを設定しておきましょう。
1週間ほど、早い日を自分なりの締め切りにするのがおすすめです。

その日まで終わらせて、ゆっくり見直してください。
間違いを発見しても、1週間も残っているのですから十分修正する時間は間に合います。
上司に間違いを指摘されると、評価が下がる可能性があります。
前もって、自分で間違いが無いか確認してください。
完璧に終わらせた仕事を、上司に見せることで評価が上がります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る